オメプラール勉強会

  • 2009.08.30 Sunday
  • 06:58
ESDに関しての勉強会でした。早期がんでESD施行した患者での経過観察で、他の場所から新たに胃がんが発生する患者がいているようです。少なくとも、3ヶ月から6ヶ月でGIFでのフォローが必要です。H.ピロリの感染に関しても、2/3の胃がん患者で感染しているようですが、すべての患者ではないようです。したがって、食生活、遺伝要素などの多因子での発ガンが考えられます。したがって、胃がんを発生させた患者には、胃がんを誘発する何らかの環境因子が存在していると考えれられるので、ESDで早期胃がんの切除で安心するのではなく、食生活や禁煙等の指導と定期的なGIFが必要と実感しました。
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM