BPPV

  • 2009.11.28 Saturday
  • 11:16
聖マリアンナ医科の肥塚教授のBPPVの講演を聴きました。
原因は、耳石で、後半規管がもっとも多い原因のうようです。
座位や、臥位で一番低くなる部分なので、どうしても原因病変となるようです。耳石がたまりやすいためのようです。
外側半規管が原因であれば、眼振は、水平になり、後、前半規管が原因であれば、回旋性眼振が出現します。
Epley法での、治療の実際を拝見しました。ただ、頭部を、朝、夕に動かすだけでも、耳石が膨大部へ自然に戻り、症状が消失するようです。
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM